ホテル農心の経緯

ホテル農心の経緯

ホテル農心は1960年代に韓国では知らない人はいないというほど有名な温泉保養地、東莱温泉で漢江イナム観光ホテルとして開業しました。
その後東莱観光ホテルと名称を変更し、2002年に農心グループ入りし、ホテル農心としてリニューアルオープンしたという経緯です。
開業以来温泉の名所地で最高級ホテルとして営業しており、韓国内や海外から多くの旅行客の宿泊を受け入れてきました。
農心グループによるリニューアル後は、温泉休養型特級観光ホテルとして、韓国内でも最高レベルのサービス基準と、客室数242という規模の大きさが人気を集めています。
日本からの宿泊客が多く、レセプションに日本語を話せるスタッフがいることが多いです。
ホテルフロント、レセプションで英語、中国語でのやり取りは可能です。
客室は最高級タイプのハイデラックスとロイヤルスイートがあり、スイート、ラグジュアリー、デラックスに分かれています。
韓国宿泊施設の魅力であるオンドル型の客室を選べるのは魅力です。


http://www.brcatl.com/