電力自由化によって電気料金が安くなる

電力自由化によって電気料金が安くなる

世界的に見ると、日本の電気代は高く、その料金は会社によって計算されています。
今までは電力会社が独占をしていましたが、電力自由化によって今までとは違った対応が見られるでしょう。
ちなみに電気料金は基本料金と電力量料金によって成立するわけですが、会社にはデマンド・メーターという計測と記憶をする機器が設置されています。
沢山使用した30分間の使用量の2倍がデマンド・メーターに記憶されるのですが、最も高い数字であれば1500円から1700円という料金に0.85という数字をかけて、それに消費税をプラスした料金が請求されます。
この事をデマンド制度と言うのですが、このデマンド制度によって月々の基本料が決定されるわけです。
このようなシステムは電気代だけでなく水道代やガス代にも使用されているのですが、これは法律で決まっているものではなく、取引量に応じて契約されるのです。
契約条件の見直しに関しては交渉の余地がありますし、これは電力自由化によって多くの企業と交渉することが可能です。
このように公共料金だからという理由で電気代が下げられないというわけでなく、電力自由化によって一カ月の費用が安くなることが期待出来るのです。


http://www.brcatl.com/