フィリピンの個人消費が順調な事が、不動産投資を成功に導きます。

フィリピンの個人消費が順調な事が、不動産投資を成功に導きます。

私がフィリピンへの海外不動産投資に目を付けているのは、個人消費が拡大している国だからです。
日本は個人消費が落ち込み、不動産の価値も最低の水準で停滞していますが、かつての日本を思い出してみてください。
個人消費が多く、経済にお金が回っていた頃、日本の不動産価値は上昇を続けました。
つまり、個人消費が増えれば不動産の価値も上がると言えるのです。
この国はここ数年、経済状態がかなり好調です。
その事を背景に個人消費が拡大しています。
お金が有れば良い家に住みたいと願うのは当然です。
高層マンションのようなコンドミニアムは特に人気が有り、海外からの移住者や定住者にも好評です。
海外不動産投資に詳しい株式会社マリモなどは、すでに良い物件を抑えています。
日本人の投資家と相性が良いのもフィリピンの魅力と言えます。
東南アジアの国々で、日本と一番関係が深い国です。
歴史的にも関係が深く、政治や経済で交流を行ってきました。
友好的な親日国なので、この国への援助は日本は惜しみません。
アキノ政権になってから特にその傾向が強く、政治的な安定と日本との良好な関係で成長し続けています。
海外不動産投資を行う上で、今一番注目すべきなのはフィリピンです。


http://www.brcatl.com/