天気と綺麗な海が印象的だった旅行の思い出

天気と綺麗な海が印象的だった旅行の思い出

もう一度グアムに行くとすれば、海の上にビート板を浮かべ、その上に寝そべりながら何時間でも海の上を漂っていたいものです。
快晴の天気で、海は波がなく穏やかで、どこまでも透明で信じられないくらい綺麗だったことを今でもときどき思い起こします・・・。
初めてグアムに行ったのは、私が大学へ通っていた頃でした。
春休みを利用して、仲の良い友達二人と三人で成田から飛行機に乗り、約3時間半かけて行きました。
その当時は、国内旅行なみの値段でグアム旅行が楽しめたのでとてもお得に感じたものです。
飛行場に降り立った瞬間、天気は良いもののモヤッとした暑さを感じ、日本との気候の違いに驚きました。
天気さえ良ければホテルの内庭からすぐに浜辺へ行くことができ、そこには椰子の木が並び、大柄な地元の男性が犬を連れて歩いていました。
そのような場所に浸っていると、まるで異次元の世界に紛れ込んだかのような錯覚を受けたものです。
グアムで一番印象に残っている場所は、ココス島です。
ココス島とは、きれいな珊瑚礁に囲まれたグアムの離島ですが、ここでは様々なマリンスポーツを楽しむことができます。
私はジェットスキーに乗りましたが、今では、海底を歩く「シーウォーカー」、パラシュートから海を見下ろす「パラセーリング」など、昔では考えられないようなスポーツが楽しめるそうです。

グアムの天気を調べるなら
https://highfive-aloha.com/


http://www.brcatl.com/